日紡録

新しい恋へ 新しい道へ  2人で

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人の君

2009-02-15-Sun-12:47
すぐに君だとわかった。
夕闇の中、街燈がスポットライトのように君を照らしだしていた。

少し遠くから君を見ていること以上に君を小さく感じて。
君もまた一人で家路につくのかと思うと、何となく君が心細そうに見えた。

一人にしたくなかった。

一人になりたくもなかった。

そう思うくらい、二人でいる時間は倖せで満ち足りていた。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。